振袖美人の立ち居振る舞い

振袖を美しく着こなすために「美しく見える振る舞い方」を覚えて、みんなと差をつけよう!正しい姿勢をキープすることで、着くずれも防ぐことができます。

歩き方

振袖美人の立ち居振る舞い
振袖美人の立ち居振る舞い

歩幅が大きいと着崩れの原因に。歩幅は普段よりも小さめに背筋を伸ばして歩きましょう。膝を内に向けるようにすると歩きやすくなります。右手で着物の端を持つようにするとさらに美しくなります。

手を上げる時

振袖美人の立ち居振る舞い
振袖美人の立ち居振る舞い

少しでも手を上げる時は必ず反対側の手で袖口をそっとかばうように添えましょう。肘や腕が見えると品がない印象を受けます。着物は洋服と違って袖がすぐ滑り落ちてしまうので注意しましょう

トイレの行き方

一日中着ているとどうしても行きたくなるのがトイレ。大変そうと思いがちですが、基本を知っていればとっても簡単♪

手順①

両袖を前で重ねます。

手順②

ロングスカートの要領で、振袖上前

手順③

次に振袖下前

手順④

長襦袢、裾よけの順に帯の下までたくし上げ手で押さえればOK!
トイレが済んで後は、裾をたくし上げた順を逆にし、肌に近い方から戻していきます。裾を整え、おはしょりがシワになっていないか注意をしましょう。また、手を洗うときは袖を帯の上の部分に挟み込みましょう。
最後に鏡で着崩れチェックすることも忘れずに♪

手順④-2

たくし上げている部分を帯締めにはさんでも良いですが帯締めが緩む可能性がありますので引っ張り過ぎないこと!

椅子に座るとき

座ることも基本動作の一つ。着崩れしないように座るときの動作を覚えておきましょう!

手順①

袖が床につかないよう両袖を体の前で重ねて左手で持ちます。右手で後ろのおはしょり下を掴んで持ち上げ帯をつぶさないようにゆっくりと浅めに腰かけましょう。

手順②

腰かけたら、膝の上に両袖を重ねてそろえます。座るときも猫背に注意し、背筋を伸ばし座りましょう!

階段の昇り降り

振袖美人の立ち居振る舞い
振袖美人の立ち居振る舞い

登る際は、裾が引っ張られて着崩れしないように上前を軽く引っ張り上げ、一歩一歩ゆっくりとあがりましょう。袖もつかないよう両袖をそれぞれの腕にくるりんとひっかけて持ちましょう!

車に乗るとき

帯結びの潰れにご注意!車に乗る時も着崩れ気を付けて!

手順①

まず、荷物を車のシートに乗せます。座席にはお尻から乗り込み体を回転させます。両袖を綺麗に重ねましょう。

手順②

帯が潰れてしまうので出来る限り背中をつけず座りましょう。

 来店予約
 資料請求